祝☆るっきー

 

ことしは寒い日々が続き 桜に雪が積もったりと 春を感じる事がないまま GWを迎えました。近年 GWになった突端 夏が到来するという 不可解な気候ですが 今年は余りの寒さに そんな事もないのかなぁ なんて思っていました。

が、、、今年もやって参りました 急に25度超えの日々ですよ

暑い夏が大好きなわたしには 嬉しい悲鳴なのですが 流石に急すぎて ちょっと体がついていかない状態でもあります。

 

タイトルのお話になりますが なんと!ティアマトで初めてるっきーの壁をさせて頂きました。1年近く通い続けて初の事でした。

耐性とか装備とかよくわかんないし 勉強する気もさしてないため(壁としてダメでしょ それ…)守護天使は慣れた方にお任せして ひとつでも多く部屋を回るよう なるべく努めています。(というと聞こえがよいですが ただの臆病者)誰もいなさそうな時だけ身構えるのですが それでも他の方が来られると すっと引いてしまうような引っ込み思案なので よほどのことがないと わたしにチャンスが巡ってくることなんてないのです。

以前は見慣れた顔ぶれの方が多く なんとなく暗黙で ここの守護天使はあの子がするよね とかもあり 多少任せて頂けるケースもあったのですが 最近 かつてのわたしと同じように 壁役をしてみたい人が急増したようにも感じ 守護天使タコ殴り状態も少なくありませんので 益々以ってチャンスが巡ってくる事はありませんでした。(手慣れた方は 新しい子達にも譲ってあげましょうね☆)

 

会場選びのとき なんとなくクリアできそうな気がする会場を避け 敢えて楽しめそうな会場をチョイスしたところ 地下宝物庫で未だ見たことない光景に直面。

りんごがあちこち分散して闊歩 壁役の子達をどんどん飲み込んでいき 部屋にはわずかの人しか残っていない状況に。慌てて流れてきたりんごを抑え少数の火力さまが処理してくれた後 だーれも魂の前に行かない しーん とした状態に…。普段なら必ずいるんですよ。修羅さんなり猫ちゃんなり 魂の前にすっと出てくれる子が。誰もいないなんて 本当に初めての出来事でした。周りを見渡しても どうやら壁役はわたししかいないもよう…。

えっ まさかのわたし?

転んだらごめんなさーい と思いながら 恐る恐る前へ…。

だって…お友達と行く夢幻ツアーとは違うんですよ?1PTでは納まりきれないたくさんの方の命を預かるんです。他にバックアップしてくださる方もいない状態で責任重大過ぎる場面で

なぜ わたし一歩前に出た?しかもよりによってるっきーだよ?

後悔先に立たず…

子供の頃からこういう変なとこがあるんです。

学級委員を決めるとき 誰も手を挙げず しーん ってなったことないですか?

そういうとき そういう空気を早く終わらせたくて 気づいたら手挙げちゃってたみたいな事が よくある子だったんです。1歩前へ出ちゃったからには 仕方ない…できる精一杯をするしかないでしょ…覚悟を決めました。

こんな未熟なわたしでも なんとかなりました。

 

まぐろ いっぱい 口に詰め込んで☆

 

たくさんのまぐろをくださった 猫ちゃん

止まない支援をくださった ABさま

1秒でも早く倒そうと猛攻してくださった 火力さま

 

みなさんのおかげです!

貴重な体験をさせていただきありがとうございました☆

 

今後は 誰もいないからって 迂闊に前に出ないようにしたいと思います(きりっ

 

今日の1曲 ♪

Craig David – Time To Party

このファルセットボイス たまりませんね。時代を経ても色あせない名曲。

 

Craig David – Just My Imagination (Edit Smooth Mix)

未発表でアナログ盤リリースのため Youtubeにはなかった1曲

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA