アマツジェネレーション

イギリスで コロナが変異したそうで 大変です。日本と同じ島国ですから 心配です。こんです。

 

 

今日の1曲 ♪

BONNIE X CLYDE – Love Is Killing Me

今日はこんな1曲です。淡々としたアンダーなナンバーです。あがらないまま終わる もどかしさがありますが これもまた味だと思います。

 

 

さてさて ROのお話

劇団うたかた月夜さんの 公演を観に行きました。9月の時は 公演1時間後くらいに 気づいてしょんぼりしてましたので 張り切って行ってきました。

今回はB鯖での公演 多くの方が 来場してました。アニバイベント疲れを 癒しに来られた方も 多かったことでしょう。

 

前座

今回の前座は きすみなつきさん でした。

 

今回の演目は『アマツジェネレーション ReAct』です。

この演目 とっても面白いという話を聞いていて ずーっと観てみたかったので テンションあがりました。

とにかく 破天荒な妹が かわいいんです。

 

ともちんも おやすみだったので 観に行ってたのですが

 

ともちん「いもうと が こんさんっぽい」

わたし「えっ…!?」

 

確かに プリンに目がない 食いしん坊ではありますが わたしを知る人達には こういう風に映ってるのかぁ と思いますと 違った視点も重なって より楽しめました。

 

コミカルでテンポがよく 掛け合いに間が入らない展開で とてもわたし好みな内容でした。

誰も悲しまない 誰も傷つかないところも 好きです。

 

わたしも かつて フェイヨンダンジョンや アマツダンジョンでヒール砲をして 育ちました。懐かしくもあり わたしの知らないアマツがあり すごくいい演目だよ って聞いてた通りで 本当にあっという間の時間でした。

 

記念撮影

今年最後の公演。劇団うたかた月夜さんの存在を知って まだ半年ですが 改めて ROっていいな って思える締めで よかったです。

来年はこの姉妹の物語に続編があるかも だそうです。

 

期待して 待ちたいと思います☆

 

日常の合間に お稽古するのは 容易い事ではありません。今年1年の疲れを癒し また楽しいお芝居を 届けてくださいね☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

ここからは わたしのいつもの 苦言です。

B鯖は人口が多い分 いろんな方がいますから仕方ないとはわかってます。

初参加が 夏頃のT鯖で 劇団のホームであり 観に来られる方の客層?も 好きでわざわざ来られてる方が多かったためか 終始 演劇を楽しむ方達ばかりでした。

 

舞台にあがっちゃった方につきましては キャストさんなのか 飛び入りさんなのか わからず観てました。劇団員の方達の 見事な絡みで どっちか最後までわからないくらい 圧巻でした。「団長さんが 舞台にあがったら いじります」 とおっしゃってましたので よいのかなと思いました。

 

わたしが 問題かなと思ったのは 事前説明で 大きな衣装は控えてね とか オープンでの私語は謹んでね とか 注意事項がいくつかあった内容についてです。

最低限のルール マナーが 守れない方は 演劇を見る資格はない と思ってしまいます。劇団うたかた月夜さんに限った話ではないと思います。

オープンチャットで発言するということは 映画館で大きな声で話すのと同じだと思うのです。前座にいなかったから知らなかった では済まさせないと思います。チャットウィンドウで 合いの手や ツッコミ入れられてる方もいらっしゃいますし その場の空気を読む事でも わかると思うのです。

舞台は 脚本家 演者 美術 裏方だけで作るものではありません。観客もあってこそですから 舞台を台無しにするような事は 控えていきたいですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA