再開の刻

ARASHI’s Diary – Voyage - 観てました。こんです。

安室ちゃんが引退時に Huluで配信されていたドキュメンタリーも いつしか配信が終わってしまいました。視聴できるうちにと 最近また 少しずつ観てます。そのドキュメンタリーで知ったのですが 全米デビューなんて されてたのですね。2019年の紅白でも歌われてたとか 言われてみますと 聴いた事あったような なかったようなです。

 

今日の1曲 ♪

ARASHI – Turning Up

今日はそんな ARASHIの1曲です。全米デビューですので 邦楽ではないですね。旋律は ジャニーズらしいJ-POPにも関わらず 後ろがフレンチファンクぽくて バックが変わるだけで こんなに(わたし好みな)かっこよさに変わるんだなぁ って 感心しきりです。この曲 超お気に入りとなりました。

 

さてさて ROのお話

前回の記事で 壁役での異形登頂目指し 再始動すると お伝えしました。

するからには 常に本気です! そして ただ登れればいいのではありません。3人とも目標を持って 挑んでこそ真の達成です。

 

Contrail Presents  トリオで行く 全人未踏の挑戦ですっ☆

コンテンツによって 有利な職 不利な職 あると思うのです。

火力役ですと れんじゃい 皿さん あたりは その筆頭でしょうか。

わたしは 天邪鬼ですので 「修羅壁+れんじゃい ペアです」なんて言われると「すごいなぁ」って思いますが これが 猫ちゃん壁+れんじゃい でしたり 皿さん でしたりすると 「ふーん」で 終わっちゃいます。多少つおい職 有利な職で成してても わたしにとっては 何の価値もありません。わたしも れんじゃいはじめて 異形登頂できましたが 実のところ達成感って ないのです…。れんじゃいソロで 異形されてる雲の上の方などは 純粋に尊敬してますが…。ほんと 天邪鬼です。

 

ともロック + れおギロチン feat. こん壁

このトリオ構成で いつかその頂からの景色を 眺めるため 挑戦します。

 

 

ギロチンって 夢幻に縁がないんだよね

そんな悲しい声を 幾人のギロチン好きの方から 聞いた事があります。れオネェも 本業は ギロチンさんです。奇しくも 休止中に 究極精錬もあり れおギロチンも あの頃とは違います。ともロックの苦手な 闇相手に その力を思う存分に 発揮してくれるはずです。

 

闇相手が苦手

異形になると闇相手が増えて 苦手意識も出てしまうWL。代わりに必中が必要なところ 物理ダメージの通りにくいところは ともちんの出番です。魔職といえば 最近は皿さんの方が人気ですが WL好きのプライドにかけて 頑張って欲しいです。

 

時代遅れのへっぽこ壁

GoSが主流?となりつつある時代に 2世代くらい古い装備構成のままですが 今度こそ挫けません! わたしの尊敬してやまないお師匠様は GoSなんて存在しない時代に 異形登頂を果たされてます。お師匠様にできて わたしにできないはずは…きっと…ある…(弱気)

いいえ ありませんっ☆

 

 

 

 

再開の初戦 果たして…

 

負けないんだから〜

 

 

いきなり 偉業達成なんて できませんが 手が届きそうで届かないことが 楽しいので

 

いぃんですっ! らぐてんなっこまーん☆ (身内ネタですみません)

 

秘密兵器「妖精の涙・スタン」ですが CTも特になさそうですし これはよいと思いました。

 

少しずつ 成長してこっ ♪

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA