精錬祭2021

人を踊らせるのは得意ですが 自分が踊れないことが コンプレックスです。こんです。

今の子供達は 大変だとは思いますが ダンスの授業などあって うらやましいです。日本はダンスは遅れてる みたいな事を言われてましたが よくよく見てますと 世界大会で優勝されてる 日本人の方も 多いですよね〜。

何を思い立ったか わたし ダンススクールに通うことにしました。思い立ったら吉日 勢いDAIZIです。

 

今日の1曲 ♪

三浦大知 – Backwards

今日はダンス繋がりで 珍しく邦楽から1曲。ダンスといえば 三浦大知さん。かっこよいですよね。DA PUMPさんの新曲も かっこよかったのですが ジャンルが違う?のでしょうか。そういえば おふたりとも 沖縄出身ですよね。安室ちゃんもそうでしたが 沖縄出身の方が 活躍されてるのは うれしいです。

 

さてさて ROのお話

お仕事の打合せが押したため 2日ほど遅れて 本格的に 精錬際2021 開幕ですっ☆

お仕事で帰りが遅かったこともあるのですが 初日は イベント内容を理解できず なんとなくしてみて 得たポイントで かんかんしてみましたが 見事に散りました。(例年通りですね)

 

このところ 運営に対して思うことがある方は 多いと思います。引退者も後を経ちませんし…。

人生の分岐点でしたり 何かのきっかけで いづれは そういう日も 来る事でしょう。歴の長い方には 何度もあった事なのだと思いますが 運営の 最近特に露骨に感じる 拝金主義的な事に 閉口されてる方は多いと思います。

もちろん 企業です。会社には そこに携わる 従業員の生活を護る 義務があります。

なのですが グレーゾーンともいえる商売方法 人の心を巧みに利用しているとも取れる課金要素に 嫌気がしちゃう方が出てることも 運営サイドは 認識すべきだと思ってます。

ROに魅了されてる方は まだまだいらっしゃいます。その方達が 口を揃えておっしゃってる事は サービス面だと思ってます。見切りをつけられる方も然りではないでしょうか。

サービス面がよければ 月額料金がもう少し高いとしても 課金要素が少々荒っぽくても 投資してくれるユーザーは いると思うのです。

 

ROは インターネット黎明期に誕生したことを思えば 当時の技術ではすごかったと思います。

ですが ユーザーから頂戴したお金を ユーザーのかゆいところ(開発面)に どのくらい反映させてるのでしょうか? そのことを 今回の精錬際でも感じたため したためます。

 

 

1. 非ユーザーライクなインターフェイス

今回の精錬祭 バレンタインイベントの時と同様の仕様でした。バレンタインイベントの折 運営サポートにメールを差し上げました。

 

・討伐依頼の選択受注が なぜ チェックボックスなどで 複数選択できる仕様になっていないの?

おそらくですが 会話ウィンドウの流用なのでしょうか。Alt + U で表示される クエスト一覧では チェックボックス自体は存在しますし スクロールも可能です。

 

・前ページへ 先頭・最終ページへ などの項目が欲しい

受注リスト 転送リスト を ページ切替にするのであれば 必要だと思います。「前ページへ」 だけでもつけるべきではないでしょうか。リストの後半にある討伐を 選択したい際 「あっ いきすぎちゃった」って場合に はじめから やりなおしです。そうでなくても 最初のページが開くまでに 時間がかかりますので やり直しは避けたいですよね。

 

・「はい」「いいえ」などの デフォルト値

これは 多くの方がおっしゃっていますが 統一性がなさすぎます。

アプリケーションでよくありますのは 削除したい際 確認ダイアログのデフォルトを「いいえ」にすることでしょうか。いまいちど確認して欲しい際には 誤操作を防ぐため この方法を取るのが ソフトウェア開発における 基本です。

 

例を挙げてみていきます。

グラストヘイムの没落(GHEDDA)では 最後の退出の確認は デフォルトで 「いいえ」側です。

保安区域もそうだったかな?

 

生体工学研究所の記録(EDDA)では 最後の退出の確認は デフォルトで 「はい」側です。

 

このように 一貫性がありません。開発側の意図も汲み取れませんので 考えが足りてないとしか言えません。

開発担当者が仮に違ったため匙加減が違ったとしても 統括、及び検証でわかることですので 言い訳にしかなりません。他にも同様に 「これはプレイしてみてないですよね?」と取れる挙動が多すぎます。

 

・スケジューリングの不公平さ

これは 精錬祭のお話ですが 精錬祭開始日のミラクルは やめていただきたいです。

公式のイベントページが わかりづらいもありますし 初日は イベント内容の理解に 時間を要します。15時メンテ明けに プレイできる環境にある方 と そうでない方との間に生じる 不公平さを 解消できませんか? と 去年も運営にメール差し上げました。人は生まれながらに不平等ですからこそ 公平性を期す努力はすべきだと わたしは思います。

 

 

2. 課金させることにばかり注力した 職業バランスの悪さ

ROには さまざまな職があります。それぞれに個性があり 唯一無二の存在になるよう スキルが設定されています。そこが魅力ですし 一人で完結できないからこそ 面白さなんだと思ってます。

 

だったのですが…

 

どうしても 優遇されすぎと思う職 煮湯を飲まされてると感じざるを得ない職 バランスがひどいことは みなさん おっしゃってることです。

 

・オーバーフロー問題 の解決が先ではないでしょうか?

最近 与ダメージ 1/10 というのが 増えてますが 最終ダメージ量を 1/0にしてるだけで オーバーフローしないわけではないと 聞いた事があります。(わたしには検証する術がありませんので わかりません)

課金要素で 強化ばかり図る前に数値型の型見直しは すべきではないでしょうか。できないのでしたら 素ダメージを先に 1/10 にすることくらい できますよね?

本来先にすべきことを後回しにして 火力過多を促進させる 課金要素ばかり増やす事に わたしは憤りを感じています。

 

・個性である職スキルを 簡単に潰してしまう改悪仕様

かねてより カードや装備などで その職の個性であるスキルを 他職が使える事に 抵抗感がありました。

 

そこに登場した「グレースシリーズ」です。

グレースシリーズにつきましては 2段階精錬もありますので 庶民とは縁のないものではありますが 今回のAB用グレースには 「金剛」がつきます。修羅用シリーズには「アスムプティオ」がつきます。

 

こういう実装 いりませんから…

 

ABで金剛は 仕様を見る限り ディスペル対応とか考えますと 本業のそれとは大きく異なります。持てる方も一部の方でしょうし 100歩譲って目を瞑ったとしても 修羅にアスム いりません。

アスムのありがたさは わかりますよ。でしたらABさんと 一緒に行けばいいじゃないですか!?

 

・職業パッケージ・一部アクセサリーの 大幅強化

「職業パッケージ」は 駆け出しのユーザーでも ライトユーザーでも それなりに みんなと楽しめるようにがコンセプトだと思ってました。そこからもっと 進化を求めたければ ゲーム内アイテムや くじ・パッケージの課金アイテムへと スッテプアップしてね と捉えられてた方も 多いのではないでしょうか。

最近 引退者が後を絶たない理由は これが引き金なのではないかな と わたしは感じています。

もちろん 課金して強化するか は個人の判断に委ねられていますが 露骨な集金に嫌気がしてる人が 多いのだと思います。

また 長く遊んできた方 と 新しく始めた方との 格差を どのように縮め みんなが楽しく遊べる環境を作るか について 何度かわたしも触れてきましたが 今回のこの仕様は 長く遊んで来られた方 比較的課金されてる方に 見限られたと捉えています。(引退露店に 陳列されているアイテムから 想像しました)

 

時間をかけて こつこつと育ててきた 自分のキャラが コンセプトの異なるお金で解決されたそれと 同等となりますと 面白いはずありませんものね。くじ品アクセサリーを使用されてる方には 更なる重課金を要求する仕様です。

 

わたしですと 去年 苦労に苦労を重ね ようやくできた思念体武器があります。一生懸命頑張って やっとの思いで手にしても 課金要素で 簡単に潰されてしまいます。アイテムも進化していきますので もっとつおそうなものが出るのは 一向に構いません。

ゲームを好まれる方は レアリティとかも ひとつのファクターだと思うのです。倉庫移動できない 自力で作るしかないところが魅力て方も いらっしゃると思うのですね。そういう「やりこみ要素」というのも ゲームとしての寿命を延命するとも言われてますし…。お金で なんでも簡単に解決させちゃった事に 憤りを感じています。

 

冒頭にも申し上げましたが 企業ですので 集金することを悪いとは思っていません。わたしが問題視しているのは その悪徳とも言える商売方法です。

ユーザーさまから頂戴したそのお金を きちんとゲーム内で反映している事が感じられれば わたしも悪徳などと ひどい事は言いません。

もちろん ユーザーも現金なものでして まんねり化すると 離れていきます。

新要素 新コンテンツを投入し続ける事も ユーザーに還元している事ではあります。

使い勝手の悪さに 注視したのは わたしも同じソフトウェア開発者だからです。

 

 

言葉を選ばず言いますと

きちんと テストケースに沿って デバッグしてませんよね?

 

Gravity社から 日本の運営会社が ガンホーさんに決まったときから 拝金主義と言われてたのは 知ってます。多少の図太さがなければ 20年近く続けてこれなかったこともあるでしょう。

 

ですが お金をいただく事と ユーザーライクは 同一線上にはありません!

 

みんなに愛される ROであって欲しいですので 今日はこんなことを つらつらと書き留めてみました。

 

 

幸先不安ですが 復帰して3回目の精錬祭 果たしてどうなるのでしょうか!?

乞うご期待…???

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA