烏合の衆

あいすくりーむの売上からも 観光客の増加を 感じています。こんです。

去年 村の産業活性化のために オープンした あいすくりーむ屋ですが オンシーズンになった事もあり 足を運んで頂く機会も増えてます。ありがたいお話ではありますが どちらから来られたのか お話を伺ってますと 都内からが多いのが 現状です。小池都知事言われてませんでしたっけ?

 

都内への移動 も 都外への移動 も 控えてほしい と…。

 

わたし個人としましては お店を閉めておくことは 簡単なのですが マリンショップが多く 周囲に あまり飲食店がありません。総括的な村の事業の一環ですので 営業はしてます。積極的な広報活動はしてませんので クチコミで 来て頂く程度です。何より 運営して下さってるご夫婦が 色々とアレンジしてみたり 楽しそうですので できる限りのことはしたいです。

 

 

今日の1曲 ♪

Payton – A Higher Place ( Eric Kupper’s Gospel Degree Vocal Mix )

今日はこんな1曲。前回に引き続き House Musicらしい1曲です。今日は 男性Vocalですね。

 

 

さてさて ROのお話

GW期間中ということもあり 精錬祭 みなさん いかがでしょうか?

今日は 「観光スポット巡り」でもらえるポイント についてです。

 

「観光スポット巡り」というタイトルですから 今まで知らなかったところ 行かなかったところに 行ってみましょう が コンセプトであることは 承知の上で 話を進めていきたいと思います。

 

開催日に合わせて ティアマト攻城戦YE と 蜃気楼の塔YE が 「観光スポット巡り」に含まれています。

 

ティアマトYE での1枚

ティアマトYEに関しましては 今では60分切れる回もあるほど クリアできるようになりました。

 

蜃気楼の塔YE での1枚

蜃気楼の塔YEに関しましては なかなかクリアには至っていませんが それでも3層目は攻略されたと思っています。

 

 

ところがですね 精錬祭が始まってから クリアできない回が 増えました。

 

原因は 普段来られない方が 観光というよりも ポイント目的で 来られたことです。

 

YE面倒そうだしと避けられた方も多いと思います。存在すら知らなかった って方もいらっしゃると思います。

わたしは YEコンテンツが 大好きですので 多くの方に知って欲しいですし 楽しさを味わって欲しいと 常々申してます。ですから 来て頂くことは 嬉しいのです。

 

ですが… ポイント目的だけ は やめていただきたいです。

 

蜃気楼の塔につきましては 定刻開始のため 途中参加ができない仕様です。また複数垢お持ちの方も 複数キャラ参加はしづらいですので まだマシとも言えます。

初参加 日頃参加されない方が 途中リタイアされて 人数が減っちゃたり 1塔全滅となれば MOB量が増えますので 苦戦を強いられるのは 当然ですし そこをフォローしきれない 常連さん達も 力不足だと思ってます。

わたしも そのあたりを考慮して 蜃気楼の塔へは 最近行ってなかったABで参加したりしましたが 力及ばずフォローしきれなくて ごめんなさい。

 

 

より問題が深刻なのは ティアマト攻城戦YEです。

ハード実装から 早2年 ずっと前線で戦ってくださった 壁役の方達 蒸発しても蒸発しても挫けなかった 火力の方達。インフェルノ実装時には 絶望すら 味わいました。壁さん同士の連携 火力さんとの呼吸合わせ。そうやって築かれてきた 歴史があります。

マトYEは 途中参加でも 報酬がもらえたりしますが 定刻開始時から 参加して下さってる方がいらっしゃるから クリアできるのです。

 

全員が 途中からでいいや ポイントだけでいいや でしたら どうなるのでしょうか?

 

クリアはおろか 古龍部屋まで 辿り着けないのではないでしょうか?

 

にも関わらず ワープポイントが詰まっていても おかまいなしに溢れてくる 人 ひと ヒト。

(ことの深刻さを撮るために 前に出てますが この後 下がってます)

 

そして さっきまでのが嘘のような いつもの光景

この回は 結局クリアできませんでした。

 

マトYEでもらえる エナジーポイントは たったの2500ポイントです。

 

たったの2500ポイントのために 多くの方の苦労や 開始時刻から参加してくださってる方達の想いを 踏みにじらないでいただきたい と わたしは思います。

 

 

ポイントが欲しいのでしたら しっかり参加されて マトの楽しさを 味わって欲しいです☆

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA