久しぶりの頂

CCUSの話題が 取り上げられていました。こんです。

CCUSとは「Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage」の略で 分離・貯留したCO2を利用しようというものです。長らく人間は CO2を排出するばかりで 地球温暖化など環境汚染を招いてきました。CO2をどうするかにつきましては 長年考えられてきました。ようやく ひとつの流れが できはじめています。学者さん達の英知ってすごいなぁ って思います。

 

今日の1曲 ♪

Gorgon City – Luck Shot

今日はこんな1曲。「パ◯◯ィ・◯ロ ♪ パ◯◯ィ・◯ロ ♪」って 聴こえませんか?(無理矢理感ありますが…)今日の内容に関係ある あの子を想定したら この曲が思い浮かびました。

 

 

さてさて ROのお話

このところ 毎日 カルテット異形に 取り組んでいますが なかなか成果が得られずにいました。

 

この挑戦のもとは 「ギロチン+WL で 異形に登ろう」 でした。強職と言われる職が入る構成で 登ったところで 何も楽しくありません。「できて当たり前」ほど 退屈で つまらないものはない と常々思っています。「これは無理じゃない?厳しくない?」そんな状態で挑むから 夢幻も楽しいのです。レア狙って 登頂してアビス装備もらって 金策目的の方であれば 強職 向いてる職もありだと思います。

わたしは そういうことでは 満足する性格ではありませんので ハードルは高ければ高い方が より楽しめます。そういう意味では れんじゃいも 「できて当たり前」の職のひとつのため このところめっきり出す機会がなくなりました。反対に れんじゃいは 金策も兼ねて ぼっちチャレンジが 主になってきています。

 

とはいいましても 新しい壁役を迎え カルテットになると 今のわたしの手持ちキャラでは この挑戦に見合う職が ほとんどありません。最近は 湾で行かせてもらってましたが 相変わらずの 90F前後の壁が超えれずにいました。

 

いっそのことABにしてみようと ABでも行ってみましたが 結果は変わらず…。

 

4人で話し合った結果

 

一度 成功のイマジネーションを得よう☆

 

火力3人にして 登頂してみよう ということになりました。そう言ったからって できるものでもないのですけどね。

 

 

そうと決まったら 出発です

しゅらこ + WL + 皿 feat. れんじゃい

 

 

あれれ? どうして ギロチンいないの?

 

ギロチンは 週3回しか使えない都合上 今回は目的が登頂のイマジネーションのため 温存です。支援職なしも 相変わらずです。敢えて サポート職と言いますと 皿くんでしょうか。

久しぶりに ご指名頂いたので 今日は れんじゃい解禁です。

 

 

 

あっという間に ガイル戦

久しぶりに 各職の得意不得意を カバーしながら 任せるとこは任せ 任されるとこは任され 息の合ったコンビネーションで 今まで何だったのー?ってくらいの勢いと 全滅のなさで ここまでこれました。

 

 

ひさーーーーーしぶりの ルキフル戦

 

 

 

背後に忍び寄る 怪しい影

最近 妙に肩が重かったのですよね〜(夏といえば アレ的な意味で) どうりで 重いはずです。

 

 

 

登頂ですっ☆

夏といえば 天の川 じゃないですか。クリスタルが 天の川みたいで このアングル 素敵じゃないですか?

 

終わってみて 「登頂したの何ヶ月ぶり?」なんて 話になりました。

ほんとね わたしが 異形ひとつ行くにも わがままだから 全然登れなくて ごめんね〜。

 

登頂のイメージは きっとできたはず! 次は 本番だよっ☆

 

 

 

 

 

総評

このところ なかなか上手くいかなかった原因は 概ね 火力側かなと思ってます。壁役が転ぶことは ほぼないですし 火力側の出戻り(自衛ができていない)が 最大の敗因かなぁと思っています。範囲火力が大変というのもありますが ふたりの腕であれば 火力不足の方が敗因とは 考えにくいかなぁって。最近 慣れからくる 雑味だったのかなって 思いました(笑)そのくらい 今日は 立ち回り 連携が いつも通りでした。

 

 

あれこれ考察

かねてより「職を装備しよう」と言ってきましたが 支援があれば解決 ではありません。支援職がいないとできない と いてくれたらより動きやすい(より助かる) では 多くのエンドコンテンツにおいて 変わると思います。

永遠の本業ABですので みんなを生かすこと が前提ではありますが 火力役を始めてみて 考え方が変わりました。

 

自分でも 生きるための行動を

 

その前提の上に 支援は成り立っているのです。ひとりが無茶をして その子を生かすために 支援がかかりっきりになった結果 他の子が転んでしまっては 本末転倒です。

ABされてる方で 「昔はひとりで◯人の支援をしてきた」 とおっしゃる方がいます。スキルの使用優先順位や よりサポートが必要な人順など 判断能力に優れてる ということだと思いますが 本当にそれだけなのでしょうか?

 

以前 車の運転について こんなお話をしたことがあります。

1つ危険を察知したら 様子を見ながら速度を落とす

2つ危険を察知したら 徐行する

3つ危険を察知したら 止まる

 

人が 同時に見れる範囲は 限られています。聖徳太子でない限り 複数人のお話を同時に聞けないのと 同じです。無茶をする子が 3人いて その3人全員に 適切なサポートすることは できないと思うのです。スキルが1個ずつしか出せない以上 必ず待ちも発生します。つまり 支援が行き届くには「火力役の自衛(立ち周り・時に逃げるなど勇気ある撤退)も不可欠なのです。

 

 

火力役は 壁役以上に 生きることに 注視すべき

最近 今まで以上に こう思うようになりました。ぼっちチャレンジ を始めたことも 大きな要因です。火力過多が加速し 力で押し切るスタイルの方が増え 立ち位置 立ち回り ができな方が 増えています。ついつい 勢いに乗ると そうなりがちなとこは わたしも体験したため 人様のことは言えないのですが 熱くなりそうなときほど 一呼吸入れて 冷静にでしょうか。一度 最後尾に下がるのも ひとつの手だと思い 実践したりしてます。

 

マグロ と うずくまる があれば どうにでもなっちゃう昨今 いまいちど ヒューマンの生き方を 見直してみたいと思いました。そして いつの日か その生き様を 誇れる日が来ることを 目指して…。

 

 

にゃんこに 魂は 売らないよ☆ 同盟 の名にかけて 今後も 挑戦を続けていきたいと思います。

2件のコメント

  1. エロ君はちゃんと生者です!!
    一度転んだぐらいじゃ蘇るからアレだけども
    生者です!

    1. あれれ? 体力が 真っ黒くろすけ ですよ?
      てっきり あちらの世界の方かと(笑)

      皿くんの テーマ曲 気に入ってくれたようで 何よりです☆

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA