初心忘るべからず

Apple Watchの iOS更新ができずに 頭を抱えていました。こんです。

 

「できません!」では 「わかりません!」

クライアントとお話してても よくある話なのですが 「何が」できないのかが抜けてる方って 多いのですよね。それを紐解きながら 事態を把握することも わたしのお仕事ですので そこは親切丁寧に対応させて頂きますが 「誰が」「何が」 主語などが抜けてる方 ほんとに多いです。

お話する際の基準は 5W1Hだと 学校でも習ったはずなのですけどね~。

 

こういうことにならないためにも システムを開発する側としましては ログを出力したり 画面上のメッセージを変えたりすることで 「どんなメッセージが出てますか?」と尋ねることで 解決することもあったりします。自分のためでもありますので 手は抜きません。

 

今回 Apple Watchの iOS更新ができなかった原因は アップデートに必要な容量不足でした。ここにたどり着くまでに 数日かかりました。

容量チェックをしたから エラーにしてると思いますので その時点で「容量が足りません」などメッセージを変えるべきだったのではないでしょうか。

わたしが大好きな Appleさんともあろうに 今回ばかりは 不親切極まりなかったです。

 

 

今日の1曲 ♪

John Summit feat. Echoes – Human

今日はこんな1曲。この曲 ずっとずっと紹介したくて うずうずしてました。すっごくお気に入りで 今年の 私的グラミー賞の最有力候補です。ほんとは もっと早く紹介したかったのですが これに合う記事の時にと温存してたら いつまで経っても書けず 「今回でもないなぁ」なんて解っていながら 我慢の限界でした(笑)ですので 今日の記事は スルーして頂いて構いません。本題はこの曲です☆

 

 

さてさて ROのお話

ここひと月ほど 書こう書こうと思いながらも 方針が決まらないため 後回しにしていたことがあります。ともこにも 相談しながら 進めていました。

今日は 今だから話せるお話です。多少わたしらしくない事も 書くと思いますが これも心境の変化 新たな分岐点 初心に還るための 通過儀礼です。興味のない方は そっと閉じてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から申し上げますと

 

こん れんじゃい 辞めるってよ!(部活動は 辞めませんよ?)

 

これに伴い 必要最小限の活動ができるだけ残し 処分します。

昨日の記事とも 繋がってくる お話なのですが 元々 れんじゃいを始めたきっかけは 「異形に登ってみたい」「ともこと同じ(火力側)目線で 並んでみたかった」でした。

 

壁と火力が 縦軸のつながりであれば 火力同士って 横軸のつながりじゃないですか? 

・壁役に行き詰まり 役割を変えれば 見える景色も変わるかなって思ったこと

・想像ではなく実体験に基づく こうすると火力は動きやすいなどを知ることで 壁役にもっと役立つかもしれないと思ったこと

その目的は 十分果たせたと思っています。

 

始めたころは 単純にこれだけでした。今でも 火力役は 総合火力であって 個のMVP争いではないと思っています。壁役だけをしてた頃は 火力役に対して「何分だって耐えるから 気楽に いこっ☆」と思ってました。それが 火力役をしてみますと 「壁のためにも 1秒でも早く倒したい」なんて 烏滸がましい発想に 変わっていきました。立場が変わっても 相手を想う気持ちって 変わらないはずなのに 発想が逆になるのは 面白いなぁとも思っていました。

 

何かを始めると決めたら わたしは常に全力の人ですので 腕を磨くことは当然ながら 目標が より高み(雲の上の方達)へ シフトしていきました。少人数で エンドコンテンツに挑戦しはじめたことも 大きな要因です。数の暴力 職を装備するができない以上 個の能力(装備も含め)が求められてしまうことも 否めませんでした。火力を求めていたわけではなかったのに 気が付いたら 火力「も」大事に変わり 装備「にも」目が向くようになったわけです。

 

当時の(今もあまり変わらないのかしら?)れんじゃい三種の神器を最終目標とし レア運なんて ほんっとない中(もうすぐ3年になりますが 隠してるわけでもなく ただの1度も ほんとにありません) 地道にコツコツ わたしに与えられた才能っぽい 先見の眼と 商運を生かし 今日まで 駆け上がってきました。

 

装備のサイクル(廃れる)が 恐ろしく早いといわれてるROですが 追うことがバカバカしくなってきました。価格操作をしたい方の思惑を感じたり 儲かるところに群がる精神 そういうのがとても醜く感じ苦手です。(リアルでも同じ)露店を観ない日々が続くと 平和なのですが 火力役を始めてから ある程度はチェックするようになりましたし 考察をするようにもなりましたので この思いは日増しに膨らんでいきました。

夢や目標って 追いかけてる間が楽しくて 手に入った暫くは嬉しいのですが 急に冷めちゃうときがある わたしの問題もありますが…。

 

 

1回目の潮時かな は 常時アンリミ時代に突入し れんじゃいの質が落ちたことです。もちろん アンリミありきで 他職と肩を並べれることは わたしも体験して感じましたし そのスタイルを否定する気はありません。そのおかげで みんなが気軽に楽しめる職になったという 大きなメリットもあります。同時に スキルディレイパズルをし どうやって無詠唱を目指すか 無詠唱が取れないならどうビルドするか 民湾さんがいてくれたら そんなことに頭を抱えてきたことを知らない方も 増えてきました。装備でっかちで 中身が伴わない(その苦労や過程を知らない)は 他職でも同じだと思いますが…。

わたしとしましては 最終奥義と思っていた アンリミが 常時っておかしくない?ってなっちゃってですね。熱が冷めはじめました。

 

 

2回目の潮時かな は エイムドで オーバーフローするようになったことです。人によっては オーバーフローなんて嫌味って感じるかもですが 実際にれんじゃいのオーバーフローの敷居は 他職に比べ低い方だと思います。(エイムドの与ダメ計算がおかしい)

アロスト型の方には わかりづらいかもですが 条件を満たせば エイムドは 発動系が乗らなくても 簡単にオーバーフローします。みんな目標をもって それぞれに高みを目指すはずが 仕様に阻まれるって おかしいじゃないですか。その後 運営から出された結論は 「アロストしてね」 でした。アロストで どばばばーん ひゃっほーいって方もいらっしゃると思いますが わたしは 壁役にとって真っ先に倒して欲しい敵を ピンポイントで狙い撃ちしたり 範囲攻撃から漏れがちな遠距離系でしたり スナイパー感が好きでしたので ここでもなんだかなぁになってしまいました。(全部自分で倒したい なんて気持ちが 全くありません)

 

3回目の潮時かな は 魔狩り靴の登場でした。これにより みんなが憧れたアレは 過去のものとなりはじめました。(ここは 蓮頭の登場と アニバーサリーでのテコ入れで また情勢が変わる?とは思いますが 辞めることにしたので しっかり考察はしていません。)目標を立て それに向かう速度と 運営が促すサイクルの速度が 合わなくなってきてしまいました。

 

4回目の潮時かな は 蓮アクセ 蓮頭など 今年に入り 今更のように 立て続けに実装された 3次職専用装備でした。今年はじめに 4次職実装のロードマップが公開され それに備え休止に入ったり 引退者が続出した中 集金能力の低下を 皿さん 猫ちゃん筆頭に 人気職から「巻き上げよう」という魂胆が 嫌でした。さらに コロナが一時収束し 多忙になりだした人たちが 元の生活に戻っていくことで 益々人が減る中 運営の迷走っぷりが 加速したように感じています。わたしが運営サイドの経営者であれば 4次職実装のロードマップを展開した以上 職やスキルに極力依存しない サマーパッケージや アニバーサリーパッケージのような 汎用性が高く いろんな職で 今後もしばらく使えそうな そういうものを展開したと思います。特定の職(ユーザー)から集金することは 「どうせお金つぎ込むのでしょう?」って ユーザーを馬鹿にしてると思います。ROが好きな方達は お金を使ってくださるユーザーが多いのですので 「巻き上げるようなこと」をするのではなく 広く浅く みんながすこーしずつ 「お金使ってもよいかな」って思って頂けるビジョンを持つべきだったと思います。短期的・一時的アプローチだけで 長期的・継続的なアプローチが見えなかったことは 運営サイドの怠慢・失態だと思います。

 

 

後半は れんじゃいと関係のない お話になってしまいましたが

 

ぱとらっしゅ ボクつかれたよ

 

それに引き換え 壁役は こちらももちろん時代の流れ 耐性ビルドの変遷はありますが ROシステムの根底となる 新属性が増えたとかはありません。どういう風に耐性を取るかにおいて 職やスキルの縛りが少なく 装備サイクルが長めですので わたしの考え方に合ってると 改めて痛感しました。

先日 2年前にコツコツ揃えたっきりの装備で 夢をかなえることができたことで 今回の決断に大きく舵を切ることができました。

実際には 火力役である ともこが少しずつ 装備更新してきていますので 装備が必要ない とは言い切れません。今も これからも 火力を伸ばす事を目指している方がいらっしゃるから PTプレイも成立しますし 両者大事なのはわかっています。その中で どちらをチョイスするかの結果 わたしは本来のスタイルで行こうって思った次第です。

 

とはいいましても 火力役を始めたお陰で 金策がしやすくなった側面もあります。未だ見ぬ MVPカードを出してみないまま 道半ばで諦めていいの?って思いもあります。憩いの場には メイン壁のとこちゃんもいますので わたしが火力役をする機会も まだまだあります。その遊びに影響が出ない程度に 身辺整理をし どちらをチョイスしただけの違いですので 得た資金を 仲間に これからの活動に 還元しつつ 共有財産とし みんなと楽しい時間を過ごしていける糧にできることが わたしらしさかなって 思いました。

 

最後の最後まで れんじゃいも それを選んだ自分も 好きになれなかったのが ざんねんです

 

どんなに心折れようと 己の弱さと向き合う壁役の方が わたしに合ってたのでしょうね

 

 

最後に 最近 身近なところ 丼でフォローさせて頂いてるお気に入りの方など 「れんじゃいの装備事情が わかんなーい」「知りたいのに 今の自分に合う 有益な情報がなーい」 なんておっしゃってましたので れんじゃいの話をする機会も 恐らくなくなってくるでしょうし 少し話そうかなって思ったのですが… やめておきます。

僭越ながら ひとつだけ アドバイスできるとすれば 小さなお買い物を重ねるよりは しっかりお金を貯めて「鎧」だと わたしは思います。これは湾のすゝめでも 書いたことですが 対費用効果が一番感じやすいのは 物理火力アップ 属性・種族特化系などだと思います。必中など 鍵となる部分を抑えてしまえば 選択の幅を広げることができます。お金を貯めてる間に 事情が変われば より選択肢が増えても 減ることはないでしょうから…。リアルでも当然そうですが 自転車操業が 一番よくないかなって思います。目先のことに囚われず プランニングをすることは 何をするにおいても大事です。

 

悩んでるその時こそが 楽しいひとときですので 今を大事に 過ごしましょう☆

 

 

湾は 支援と いざとなったら火力役も担えることから 今後も続けていくと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA