みんなと行く蜃気楼

いろんな方より ご心配いただきました。こんです。

トンガで大規模噴火があったそうで 津波の影響を心配されました。お陰様で 裏側に住んでますので 特に変わった様子はありませんでした。太平洋側では 川の逆流が起こったりしたそうですが…。地震が来ても 呑気に寝てるくらいですので そこでちーんしちゃっても それはそれで天命ということで…。

現地の情報が 未だわからないそうですので そちらの方が心配ですね。東日本大震災で 多くの国に支援を頂いた身 わたしたちにできる恩返しを していけたらよいですね。

 

 

 

今日の1曲 ♪

Motives – Spaces

今日はこんな1曲。超久しぶりの Progressive House からです。ゲーム好きな方って 恐らく Progressive Houseは 好きって方多い気がしますが いかがでしょうか?

 

 

さてさて ROのお話

最近 ともこがおやすみでも わたしがお仕事だったりと なかなか一緒に遊べていません。あまりイベントをしない ともこですが 1週目の報酬が 魔職向けであることもあり 背中をずりずり引っ張って 蜃気楼へ拉致しました。

とは申しましても 入れないことには 始まりません。蜃気楼の塔YEの方にも 行かないとですので 鯖蜃気楼のチャンスは 多く見積もっても3回ほどです。

 

鯖蜃気楼 1回目

わたしが入れなくても とにかくともこが入れればよいと 思っていましたが 何とかふたりとも入ることができました。

安全を期すため 野良PTにお邪魔し お互い10層まで生き残れましたが 10層で ともこを見失ってしまいます。気が付いたら ともこの方が先に戻されちゃいました。

 

L鯖も気になり 行ってみますと

開催時間が解らなかったのですが かわいい猫ちゃんが 表でしっかりと案内を出してくださってました。こういう細かい配慮が L鯖の強さたる所以なのかなぁって 久しぶりに訪れましたが 変わってないことに ほっこり 嬉しくなりました。期間中 行けるようにしたいです。

 

 

 

鯖蜃気楼 2回目

ご飯 お風呂 休憩を挟み 声をかけますが 開始時間に間に合わず…。

 

 

蜃気楼YE 夜の部

余裕をもって 会場へ移動し 存じ上げてる壁さん達の状況を把握し Y1に賭けることにしました。運よくふたりとも 同じ塔に登録できましたので 後はクリアを信じるのみです。実装当時は まだまだコロナ禍で ともこと結構通っていましたので 2、3層目までは なんとなーく記憶にあったと思います。

 

一緒に並んで 白い玉をこなしながら 順調に層を重ねていきます。

 

3層目までを終えた時点で 「この状況危ないかも?」って感じていました。

 

ひとりでも残っていれば チャンスはある!

 

そういう気持ちが 周りから感じられていませんでした。自分が撃つ事に必死で リザを優先できない方が 結構多くて 死屍累々状態でも放置みたいなことが続き 4層目ダメかもしれないと 少し雲行きが怪しくなってきました。

それでも B鯖で信頼の あの壁さんがいらっしゃいましたので そこに望みを託しますが 想定通りの ぐだりっぷりで 折角頼れる壁さんがいらっしゃっても 固定ができず 時間だけが経過していました。

倒せないことには クリアできません。いくら逃げて リザ役に回っても 上手く立ち回り 攻撃してくださる方がいらっしゃらないと その間に回復剤と 聖水が切れてしまい 次第にできることも限られてきます。回復剤が半分を切ったら リザ最優先にシフトしようと決め それまでは 1発でも当てようと ミラちゃん目掛けて 撃っては逃げ 撃っては逃げ を繰り返していました。

結構 時間もかかり 近くにいた猫ちゃんを起こし ミラちゃんが向かってきたため ふたりで数発撃ったところで 目の前で ミラちゃんが 倒れました。

 

やったー!!! 無事クリアです! (倒れるところ 初めてみました)

 

ともこが 初登頂でしたので ストーリーを観てる間 ログを観てましたら…

 

 

 

えええええええっ!!! えっ エム・ヴィ・ピー!??

 

 

倒れる瞬間 生きてることが MVPの大前提ですし ラストヒットが 猫ちゃんか わたしだったと思いますので 確かに可能性はあったわけですが…。こういう機会でもありませんと 2度と頂けないようなものを 頂いてしまいました。

尚 実績の方は ぱらぱらっと見ましたが 称号などに関わるものは 見つけれませんでした。(称号に興味がありませんので ただの情報です)

ごり押しなんて通用しない 高火力であっても 転べば役に立たない状況下こそ 生きるための行動が 結果をもたらすこともあることを またひとつ証明できたと思います。(ただの運 [ ラッキー ] に過ぎませんが…)

 

 

鯖蜃気楼 3回目

こうなったら 是が非でも 鯖蜃気楼をクリアして ともこに報酬をゲットさせるしかありません。しかしながら 超久しぶりの 蜃気楼の塔YEに すっかり意気消沈のともこ(泣)

たまり場で 休憩をしてましたら とこちゃんが来たので 「蜃気楼は…」って言ってた とこちゃんを 半ば強引に連れて みんなで行ってきました。

わたしたちは 夢幻を愛する ワンチーム いつもの夢幻だと思えば きっとできると信じ また ともこの背中を 引きずりながら 行ってきました。ふぉーさんも見つけたので 連行し 4人で挑みました。

 

 

2時をまわったころ…

 

ともこ「急に 睡魔が…」

 

蜃気楼の塔の 最大の敵は ラグ と 待ち時間の長さからくる 眠気です。保護者であるわたしは ともこがWPに入るまで待ちながら どうにか10層まで 行けました。

 

10層目 右手に陣形を取り とこちゃんを中心に ともこが薙ぎ払っていきます。わたしは ともこを生かすことを最優先に 罠や 支援に徹し 万が一の魔法反射のみ対応で 控えてました。

 

深夜枠とあって 無事クリアできました☆ (SSの余裕なし…)

 

毎日 毎日 入場クリックゲームに漏れ 会場によってはYEでもクリアできない中 1日で条件達成でき ほっと胸をなでおろしました。蜃気楼の塔が いまいち好きでないとこちゃんも 大好きな衣装をゲットできて 嬉しかったようです。

 

 

鯖蜃気楼 4回目

もうあとは 怖いものはない! 妙なテンションの中 深夜の悪ノリで 思いっきり 暴れて終わろうと もう1戦。流石に 定員割れする人数でしたので 受付終了時刻を待って ジェネも帯同します。とこーと(とこちゃん専用コート)もありますし 10層まで転ばないよう みんなで進み 想いっきり楽しんで 最後は ルキフルに 全滅しました(笑)

 

道中の つまらなさも 仲間とおしゃべりしながら 連携の取れる仲間と行くのは たとえ負けたとしても 格別でした ♪

 

 

とこちゃんも 「みんなと一緒であれば また行きたい!」 って言ってくれたので またみんなで挑戦できたらなと思います☆

 

 

あとがき

最近 丼でフォローさせて頂いた方を 蜃気楼でお見掛けしました。ともこに 「その子 PT一緒だったでしょ?」って言われましたが 気付いてませんでした…。なかなか クリックゲームに打ち勝てない とおっしゃってましたので 参加できててよかったな~って思いました。安定の人見知りで お声かけできませんでしたが…。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA