ファロス臨時

このところ 茶碗蒸しが マイブーム中です。こんです。

具財を変えて 色々と試してます。

 

かわいい食材を見つけて のっけてみました☆ カニは苦手ですが カニカマは かろうじて平気です。

 

 

今日の1曲 ♪

DECAP & Kiefer feat. Kyla Moscovich – Family

今日はこんな1曲。スローでメロウな曲に 心を落ち着けてみましょう。

 

 

さてさて ROのお話

想像してたより 早くオイルエンチャント 復活しました。

去年学習しまして オイル中に くじのラインナップが変わっても 発表時点までしか対応しないそうです。つまり 寝かせておいても 次の一手が取りづらいだけですので 優柔不断なわたしが ぱぱっと済ませちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オイルエンチャトなんて なかったよ?

 

 

流石の エンチャント神の名を持つ のあちゃんでも 1口しか応募してませんし そんなものです。オイルでワンチャン! って思ってましたものは  売却しました。(次の一手を早めに打つとは こういうことでした)

 

というわけでして 通常運転です。

 

 

毎日ファロスウィーク

今回は 2倍キャンペーンは来ませんでしたが 毎日ファロスウィークです。ファロス 苦手意識が強すぎて 全く行っておりませんでした。まれ~に 魔法石が欲しくなっても 夢幻でに通って 魔法石を買う方が 精神衛生的にも よろしかったため 尚更です。

 

12人揃わないと 報酬が随分と変わるそうで 仲間内でも なかなか行こうって流れにならず 行きたい子達も 臨時でしたり ファロス用のディスコードに加入してたりと 各自って感じです。

 

行けるけど行かないのと 行かないまま 世間に取り残され 尚更行けなくなるのでは 随分と違うと思いまして ともこと一緒に行けそうだった 深夜便のファロスディスコードに 加入しましたものの 1度も参加することが 叶ってませんでした。GHC1周年イベントの折 育児の傍らでプレイされてて GHCにご一緒した方と出会ったのが このディスコードでした。その後も 幾度かファロスにお誘い頂いたのですが なかなか勇気が出ずにいました。断り続けるのも申し訳なく ともこがおやすみになる深夜にでも 1度参加しようと ともこと話し 行ってきました。

 

 

 

聖域展開担当となり わたしは 1Fで すぐに使う役割になっていました。新たにショートカット登録が できるようになったそうですが わかりません…。スクロールを使用すると 3分CTがあることは なんとな~く覚えていましたが ショートカット登録というものをするために スクロール使って すぐの聖域展開ができなくても 怖いと思いまして 今回は すべて手動ですることにしました。

列の担当を頂いて 4列目 4列目 って思っていたのですが 序盤 何度も何度も 他の方と かぶってしまいます。有志の方が作成して下さっている ファロス用のマップツールを使ってるそうで そのマップに色分けがあることを 途中で理解しました。

 

 

何とか 6o分 耐えしのぎ…

初の ファロス臨時便を 終える事ができました。

 

 

 

わからないことは 事前に聞く

 

社会人として常識ですが 直前まで もじもじして 質問事項の下書きまで書いていながら 伺うことができませんでした。時折発動する 極度の人見知り ダメですね~。

 

 

はんせい~ m(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとがき

入場直前に 「今日 初めてです。足を引っ張ると思いますが よろしくお願いします。」と みなさんに ご挨拶しました。

にも拘わらず 「聖域展開」「聖域展開」「聖域展開」「聖域展開」と とってもせっかちで 止まらない方がおられました。そうでなくても 初めてで緊張してて ショートカットの設定も怖くてできず 数字の打ち間違えや 「はい」を選択し間違えないように(いいえ が デフォルトになってる) 気をつけながら 頑張ってたつもりです。

 

誰しも 初めての時は あると思います。器用な子もいれば 不器用な子もいます。慎重な子もいれば 大雑把な子もいます。はじめから パーフェクトにできる人なんていません。常々 「自分のものさしで 物事を言わない」と 申し上げていますが それは 自分の考え方を押し付けるだけの話ではありません。「できなかった自分」ではなく 「できるようになった自分」というのも わたし的には 「自分のものさし」 だと思ってます。

 

初心忘るべからず

 

 

室町時代 世阿弥の言葉だとされています。一般的には「何事においても、始めた頃の謙虚で真剣な気持ちを持ち続けていかねばならない」とされていますが 世阿弥の教えは異なります。

世阿弥のいう「初心」は「初心者」のこと まだ未熟な状態のことです。「なにかを始めたときの 下手だった記憶や そのときに味わった くやしい気持ち 恥ずかしさ そこから今に至るまでの たくさんの努力を 忘れてはダメですよ」という意味です。さらに 過去の未熟な状態だけを思うのではなく、今の自分も「未熟」な状態であると 自覚しなさいともいっています。

人は いつになっても 未熟です。だからこそ努力します。「自分が何をすべきか」に注視していれば 他者の未熟さなんて 気にならないはずです。そして 自身も未熟者なのですから 未熟者同士 手を取り合ったとしても 恫喝したり 上下関係ができるのは違うと わたしは思います。

なにかを始めたときの 悔しい気持ちを 自分より弱者に対して ぶつける人 いますよね? それは 「復習の連鎖」と同じだと思います。つまり そういうことをされる方は 初心の時から 何も成長してないってことではないでしょうか?

そういう想いをした子は 「もう行きたくない」って思うかもしれません。そうして 次から次へと 行きたくない人が増えていけば 結果的に人が集まらずに困るのは あなた自身であることを 今一度 考えてみてください。

 

 

 

人に優しく あれていますか? 今一度 胸に手を当てて 考えてみましょう☆

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA