蜃気楼の塔☆れんじゃい

インビジブル最終回が 気になって仕方ありません。こんです。

すっごく面白くて 毎週楽しみにしてましたが まさか リーパーが 既定路線通りとは 裏を突かれてしまいました。中盤頃まで そうかなぁって思いながらも 今週回で 「もしかして登場してない人物とか?」 猿渡さんが警察一家って言った時に 「猿渡さんのお父さんが警察の偉い人とかで そういうこと?」なんて 深読みしすぎちゃって 完全に外してしまいました。リーパーの正体が明らかになったときの あの表情 すごいなぁって思いました。

リーパーってクリミナルズが登場して 何か心にひっかかってたのですが そういえば ROも リーパーでしたね。

最終回も目が離せそうにありません。

 

 

今日の1曲 ♪

The Temper Trap – Resurrection ( Penguin Prison Remix )

今日はこんな1曲。どことなく ノスタルジーな それでいて 色褪せない音色を感じてみてください。

 

 

さてさて ROのお話

蜃気楼の塔 1週目にして 飽きはじめました。行こうって思うと 時間から時間へのはしごに 縛られてきてる感じがして…。飽きたら 志向を変えてみればよいと思い 今期は出す予定のなかった れんじゃいで参加してみました。

ふぁるこんの実演兼ねて 行ってみたのですが やっと 初級でおひとりだけ ふぁるこん連れてる方に お会いできました☆

(だったのですが どうやら鷹師さんだったようで…)

 

今でも 週数回は ぼっち夢幻に れんじゃいでも行ってますが 久しぶりの 大規模コンテンツでの れんじゃい。相変わらずの 脳無し設置系スキル連打に対抗すべく エイムド1本勝負(横湧きされた場合に限り 状況次第でアロスト)の縛りをしました。

案外 あのサイキックの嵐の中(あっ いっちゃった) ターゲッティングスキルでも 当てれるものですね。そういう意味では 思ったより 腕は衰えてなかったと思う反面 モロクに行って 逃げきれずに一瞬で蒸発しちゃって 1o層目届かなかったりと 相変わらず脆く 難しい職だなぁって感じました。

2回目参加にて 登頂は果たせましたが 考えることもありました。

 

 

れんじゃいって アンリミが封じられてるじゃないですか?(湾のオートスペルも?)

以前より 発動系無しで カンスト近いダメージが出る職ですから バランスのために封じてたのかな?と 運営の意図は理解できます。RO丼にて 「アンリミの制約解除して~」ってお声を見かけたときは そういう運営の意図だからと思っていたのですが 実際に行ってみて そうおっしゃる方の気持ちが よくわかりました。

一部職ばかり強化した結果 火力バランスが崩壊しちゃってました。かたや ターゲッティングスキルで 耐性が取りづらい(今は 以前よりマシにはなりましたが…) かたや 設置系スキルで脳死状態 多段HIT系により接敵されにくい。

 

運営さんには すべての職に 楽しむ機会を与えて欲しいと 切に願ったのでした

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA